Interview

先輩インタビュー

西日本営業部 
宮崎営業所/2013年入社
特技:ラグビー 趣味:サーフィン
高校ではラグビー、大学ではアメフトに打ち込みました。今は職場の先輩と隔週で行くサーフィンが何よりの楽しみという、社内きってのスポーツマンです。
入社動機
入社動機

社員第一。充実の福利厚生

就活を始めた時点では、志望する業界や職種など具体的な柱は決めておらず、とにかく沢山の企業を見るようにしました。その中で印象に残ったのが、東和電気の多彩な福利厚生でした。

社宅家賃の8割補助や社内表彰制度、育児・介護休業など連休も取りやすく、「社員の働きやすさ」を第一に考えたサポート体制に、人を大切にする企業の姿勢を強く感じたのです。

僕の地元は福島県の郡山なのですが、「これなら離れた家族に頻繁に会えるし、仕事にも打ち込めそうだ」と安心感がありましたね。

『この人のようになりたい』と思える

入社後は、名古屋支店に配属され自動車素材を扱う企業へのルート営業を担当しました。お客様のご要望に対しては、20代~50代までの様々な先輩社員に相談したりと、部署や年代の垣根を越え、皆で一致団結して取り組む体制があります。

社内では先輩・後輩の仲が家族のように良くて、僕も週末は直属の先輩にサーフィンを教わっています。持ち前の度胸と培われた知識で顧客の悩みを解決し、一人で何でもバリバリこなしてしまうこの先輩は、僕の憧れです。仕事でもプライベートでも、時間や労力を惜しまずいつでも親身になってくれるから頑張ることができ、着実に成長している実感も持てています。

僕の今の目標は、仕事で先輩に褒めてもらうこと。普段あまり人を褒めない人だからこそ、結果を出して「お前、ようやるやん!」と言わせたい(笑)。

この会社は、将来の目標としたくなるような、カッコいい理想の先輩に出会える場所だと思います。僕もゆくゆくはその一人になれるよう、精進しています。

My essential item
ボールペン
大切な人に貰った愛用のボールペン。社内でも、大事な商談の場でも、肌身離さず持ち歩いている大切な「相棒」です。
ノートPC
営業の命とも言えるノートPCには、数千種類の商品情報やお得意様への提案アイディアなど、重要な情報が詰まっています。
本社営業部 
第1グループ/2013年入社
趣味:友人への福岡の観光PR
入社後に配属された福岡の最大の魅力は「食」。抜群の鮮度を誇るイカや胡麻鯖の味に魅せられ、最近は専ら知り合いに福岡の観光PRをしているとか。
入社動機
入社動機

異なる地域での経験が糧になる

昔から人と人を引き合わせることが好きで、「これからは世界を相手に商売しろ」との父の言葉もあり、企業と企業を結ぶ商社の営業職を志望しました。

入社後は福岡支店に配属され、産業用モニターなどを作る工場を中心に4年間営業をしてきました。地元・仙台とは全く違う福岡の人柄や文化に触れ、人間としても、営業としても、新しい世界が拓けたと思います。

営業職では、数年おきに違う都市に配属されますが、今後も違う地域での気づきや発見が、自分を磨いてくれるはずと楽しみにしています。

お客様との関係構築が営業の肝

商社は、自分で何かをつくるわけではありません。どこかの工場で「至急●●が必要だ」という話が出て、急いでメーカーにかけあい部品を用意してもらうことも。

その際に大事なのは、「受け手がどう説明されたら納得できるか」を考えること。コストや数量、納期など、具体的な根拠をもとに交渉し、時には「こういう方法もありますよ」と、違うメーカーの部品を提案することもあります。商社のネットワークを活かして、相手側のメリットを最大限に考えた柔軟な提案をし、気持ち良く動いてもらうことを目指しています。

もう1つは、人と人との信頼関係の構築です。そのためには、とにかく日頃のレスポンスを早くする。お客様にとって良い回答も悪い回答も、新しい提案も、イチ早くリアクションすることで、相手のことを第一に思っている姿勢が示せますから。

困難な状況を乗り越え、「あなたの所から買いたい」と言ってもらえる良い関係を構築すること。それが、商社営業の難しさであり、やりがいだと思います。

My essential item
革靴
「革靴は、ビジネスマンの顔ですから」。服装に合わせた3足を用意しているそうで、毎日のお手入れは欠かしません。
ネクタイ
地元のサッカークラブ・ベガルタ仙台のサポーター仲間からの就職祝い。ここ一番で身に付ける、勝負ネクタイです。
東日本営業部 
東京支店/2015年入社
日本のドラマや音楽に惹かれ、日本での就職を決める。将来は様々な国の文化を体験しながら地域に合わせた営業を学んでいきたいそうです。
入社動機
入社動機

国内外を舞台にあらゆる商品を扱う

私は人と話すことが好きなので、その点を生かしつつ、世界を舞台に働ける仕事を求めていました。そんな私の心に響いたのが、海外11ヶ所の拠点を舞台にグローバルに活躍できる東和電気の営業職でした。

東和電気は70年以上の歴史の中で、家電、自動車、通信など、時代の変化に沿って事業の幅を広げながら、国内外の数千社との取引を行ってきた実績があります。こうした会社の将来性に加え、自社商品のみを売るメーカーの営業とは違い、あらゆる企業の商品を手広く扱える点にも魅力を感じ、「この会社で頑張ってみよう!」と決意しました。

若手からベテランまで万全のサポート

東和電気では、入社後にまず東京本社でしつけ・マナーについて徹底的に教育を受けます。5ヶ月間で、「見える場所を大事にする」ことを第一に、身だしなみや言葉遣いはもちろん、挨拶時の発声、立つ時の姿勢、会話時の目線など、会社を代表する営業に相応しい基礎を構築するのです。並行して行う社外研修では、先輩に同行して家電や自動車など、様々な業界の取引先へうかがい、見聞を広めます。先輩には数ヶ国の海外支社生活を経験された方もおり、独特な仕事の進め方や交渉のスピード感などを間近で学べることも。

その後、各事業所へ配属され独り立ちした後も、世代ごとの定期的な勉強会や、専門家を招いた講習会など、若手だけでなく中堅やベテラン層へも継続したサポート体制があります。

社会人として、営業として、国内外で活躍できるようになるまでの道筋は、しっかりと整備されています。安心して飛び込んできてください。

My essential item
手帳
訪問予定や営業の反省点などが詰まった愛用の手帳。「手書きすることで、大事な情報がスッと入るんです」。
マグカップ
忙しい合間に安らぎをくれる、一杯のコーヒー。季節ごとにマグカップを替え、気分を一新して楽しんでいるそうです。
東日本営業部 
東京支店/2015年入社
特技:マグロの解体 趣味:ベトナムの山岳民族・黒モン族の研究と、個性溢れる人柄が魅力。人懐っこい笑顔が印象的な営業部のホープです。
入社動機
入社動機

日本のものづくりを世界に発信

就職先を決める際に、広告やWebサービスなどの形の無いものを扱うのが嫌だったんです。形のあるものを扱いたかった。日本には沢山の優れたものづくり技術があります。その「もの」の良さを、海外に広める商社の仕事はまさに自分向きでした。その中で東和電気を選んだのは、安定した基盤と海外拠点を持ち東南アジアに強かったからです。

大学では東南アジアを中心に国際関係学を専攻したのですが、ある時ベトナムを旅して、現地の山岳民族・黒モン族と交流した際に、すっかりこの国に魅了されてしまったのです。それからは「日本とベトナムをつなげる仕事をしたい」と思うようになりました。そうした経緯があったので、東和電気は理想的な職場と言えました。

まだ入社して数年ですが、将来のベトナム支社への異動を目指して、日々営業力を磨いています。

未来の技術を一足先に体験できる

現在は東京支店で、自動車業界・通信業界のお客様へのルート営業を行っています。この仕事の醍醐味は、ものづくりの最先端に立ち会えることだと思います。例えば、まだ世の中に出回っていない自動車の新しい自動制御システムや、4~5年先の通信技術を体験することもあります。時には、メーカーの開発者から「今こういう技術を考えているんだけど、どう思う?」と相談されたりと、一足先に未来を覗き見できる感覚は商社ならではの特権ですね。

家電製品や通信機器、自動車など、生活している中で自分が関わった製品を目にする機会も多いです。「自分の仕事が、豊かな生活に貢献する『ものづくり』の支えとなっている」。そういうやりがいを、日々実感できる仕事だと思いますよ。

My essential item
目薬
大事な商談のまえには、目薬を一差し。最近は清涼感の強いものがお気に入りで、何よりも気合が入るのだそう。
名刺入れ
とにかく容量を重視し選んだ名刺入れ。パンパンに膨らんだその厚みは、積み上げられてきた人脈の厚みでもあります。
経理部 
経理グループ/2014年入社
趣味が人間観察だという彼女は、いつも明るく社内でもムードメーカー的存在です。実はアイドルが好きという意外な一面も。
入社動機
入社動機

責任感が得られる

就職活動は業界問わず、興味のある企業を幅広くみていましたが、その中で、東和電気は福利厚生が充実していると感じました。誕生日休暇をはじめ特別休暇が多く、リフレッシュしやすい環境が整っていたのです。

1年目は総務部へ所属し、採用や社内の事務処理サポートなどに携わり、2年目から現在までは、経理部で、経理の知識を身に付けています。

最初は業務の流れを理解することで精一杯でしたが、最近になり俯瞰的に見られるようになりました。やりがいとしては、一日に大きなおカネが動かせる点です。仕入先への支払業務を一貫して行っており、責任感とやりがいがあります。

一方で、本社の管理部門はワンフロアにあるため、見たくない部分が見えてしまうのが難点かもしれません。事務は地味な仕事ですが、営業の仕事を円滑にするためには必要不可欠な職種です。まずは入社してみて仕事内容や環境、人間関係など自分に合っているか見極めてください。

業務に必要なスキルを身に付けられる

サポート、教育体制がしっかりとしており、簿記2級取得など業務に必要なスキルを身に付けることができます。

東和電気は、体制だけでなく、社員の人柄も良く、皆さん優しいです。優しすぎるのも時に問題あり?
また、スキル(資格・Excelなどの活用)向上と仕事の効率化・簡素化を自ら考え、意見が言えるところも良い点として挙げられます。

事務は個人プレーが多いため、会話は少なめですが、本社の部署がワンフロアに集約されているため、距離が近くコミュニケーションがとりやすいので仕事がはかどります。

今後の目標は、スキルのさらなる向上(Excel活用術など)と、業務の拡大に尽力することです。

My essential item
電卓
経理業務に欠かせない相棒です。
加湿器
乾燥対策と、LEDカラーで癒しの効果もあります。冬には欠かせないアイテムです。